宣伝効果が期待できる看板はオリジナリティを入れて制作しよう

効果的な広告で確かな利益を約束する

変化する看板

古きよき時代からの変化

昔の看板は手作りのカンバンが主流で、目に見える場所の看板は特にペンキ職人の腕を競うものとなってきた。なので、職人同士が自分で作ったカンバンを自慢する姿は懐かしい光景といえるだろう。しかし、近年はこのペンキ職人が、ほとんど必要ない状態になっている。その原因はコンピューターの登場にある。昔であれば人が製作していたものが、今では機械で簡単に製作する事ができるのだ。また、枚数も同じものが数十分で出来てしまうのである。そのおかげで同じ看板を望む枚数だけ、短時間にお客の手へ納品する事が出来るようになったのだ。以前では職人が何週間かかけて描いていた看板が、このような技術革新によって職業事情が一変した事がわかるだろう。

看板は職人ではなくエンジニアが作成する

前述の中でもとり上げたが、看板製作という職業に転機が来ている事は理解できただろう。その中で、現代の看板職人ともいえるエンジニアに目を向けてみる事にしよう。まず、現代の看板製作は先ほども述べたように、コンピューターで製作するのが主流である。なので、カンバン屋さんと聞いてペンキまみれの人物を思い浮かべる人は、時代遅れであり、今ではあまり見る事ができない光景といえるだろう。更に今のカンバン屋さんはコンピューターを操作できる人であり、コンピューターソフトの知識がないと仕事にならないという事も理解できるだろう。更に、昔のように看板職人に弟子入りして覚えていくようなものではないのも理解できるだろう。では、今度カンバンを見た時には、このカンバンは技術革新の賜物だ、という事を考えながら見るのはどうだろうか。